生き抜く力

時として、愛する人の死が大きく人生を教えてくれます。
今日という日は亡くなった人がどうしても昨日生きたっかた明日である。・・・と
それは記念日でもなくて、特別な日でなくても、毎日平凡かと思う
日常のありふれた光景が光り輝く日であることになるのは、自分の心がけしだい
誰かの悲しみに鈍感ではなく、心を寄せて、人が決めたしあわせのルールと違っても
昨日より自分自身が心高める人間でありたいと思います。
生き抜く力はそんな日常にある気がします。
叱咤激励いただき応援して頂くお客様に感謝して、ほほえみいっぱい