愛の人

愛は寛容であり 愛は情け深い
また妬むことをしない 愛は高ぶらない
誇らない 聖書第1コリント13章

昨年若き日を共に過ごした友人の訃報を聞きこの言葉を思い出した
最期まで寄り添った方から愛の人だったと
いつもにこやかで、人の悪口を言わない人だったと
彼女の笑顔が今忘れられない
今彼女にごめんなさいとありがとうとこころの中でつぶやく
彼女のような人間になりたい

傷が力になる

父が武道空手を指導した事から、幼い時空手道を学びました。
父の武道は負ける事から、学びます。
転ばなかったら起き上がる事がわかりません。
転んだときは痛いし傷になります。
でもその傷はいつか力になります。打たれ強さという
時として、負けたことで人と比べない生き方を学びました。
小さいながら会社を経営していると、理不尽なことを時として
言われたりするし、辛いこともあります
良く万葉ちゃんみたいな人に始めてあったと言われます。
誉め言葉として、受け止めています。

ほほえみ

もしあなたが誰かに期待した
ほほえみが得られなかったなら
不愉快になる代わりに
あなたのほうからほほえんでごらんなさい。
ほほえみを忘れた人ほど
それを必要とする人はいないのです。

ノートルダム清心学園 理事長
渡辺 和子
置かれた場所で咲きなさい」という 著書を週末読んでいます。
生前父が森信三先生との出会い等で 講演をさせていただき、それをきっかけに 渡辺先生のご存在を知りました。
穏やかなお人柄は著書の中にもあふれています。
庭の手入れをしながら静かな時が流れ
北国の春を楽しんでいます。