previous arrow
next arrow
Slider

時を待つ

微笑

 

先日ほほえみ読本の愛読者さまとお電話でお話する機会があり、はっと気ずく事を教えていただきました。ほほえみ読本は両親が作った小冊子です。

今世の中は自粛モード、我慢の時と言われていますが、我慢は時を待つ事なんですって

あーそなんだっと心が楽になりました。

とても便利な時代だし、ビジネスは我慢も必要ですが、我慢はいつか爆発しちゃいます。

だから我慢しないで待つ、いいね!の時代だからからこそ  いいね!を期待しない

距離を置くという事も待つ事なんだと思います。静観する時・・・・・

結果を早く出したい気持ちも待つ  だからほほえみ読本も宣伝なしで30年売れ続けてます。

教育も一方的に教えるという形より共に育つby草の学校

 

父の「草の学校」はすべてが師という教え、めんどくさいって感じるあの人こそ最高の教師

人類は疫病との闘いがありました。

そして生き残ってきました。

 

こんな時代だからこそ 本物を見抜く力  大自然の霊性の中磨かれ

審美眼で 混沌とした世の中に一灯を

いいご縁の愛読者さまにほほえみいっぱい

「石家さんの金魚」 風水的に金運アップ

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました