previous arrow
next arrow
Slider

青い目のサムライ

微笑

cwニコル先生が令和二年4月4日、80歳、直腸がんで他界されました。

黒姫の先生のご自宅で弟一家が身内だけの葬儀に参列し、クリスチャンでもあり

神父様のお話と讃美歌が心打たれたと話してくれました。

お若い時から存じ上げていましたが、吸い込まれそうな青い瞳、ブロンドの髪

年齢を重ねてからも、渋くて素敵な方でした。若い時のニコル先生より

年齢を重ねてからの先生が好きでした。

父と空手道の同じ同門であり、立派な武道家、お逢いすると押忍「おっす」の挨拶

自然の中で暮らすという事は五感を感じる事

お逢いすると「僕英語、上手になったでしょう」とブリティッシュジョークで

和ましてくださいました。

日本語もお上手で、綺麗な日本語でした。

英語を机上で学ぶのが苦手だった私ですが・・・

お仕事での必要に迫れ実践でなーちゃんてEnglishでなーちゃんてFrenchで旅をしておりますが

度胸と愛嬌を武器にしてほほえみで

今年はニコル先生の母国ENGLANDに行く予定でしたが、

今回はスケジュールがすべてキャンセルです。

こんなにどこも行かない事ってなかったのですが、何かが変わる時なんだなと思います。

でもこの生活に慣れてきて、季節の花や芽吹く自然の息吹きに

朝陽と共に起き、祈り、お月さまや星たちと共に眠る

人間関係の煩わしさもなく、個を大切にする時間を慈しむ

繋がる時代から 一人ひとりが自立心の時代へ

ねばならない生き方から なるようになる生き方に

地球が平和で 世界が笑顔になりますように

ニコル先生 ほほえみいっぱい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました